つなブログ

日々の記録です

エジプト人に鼻血の止め方を聞く

鼻血を軽視してはならない

皆さんも人生で一度くらい鼻血が出たことはあるだろう。チョコレートを食べ過ぎたり、はしゃぎすぎたり… しかし、皆さんは「なんだ、鼻血か」程度にしか思わないだろう。このような態度を取ることは、鼻血に対して失礼極まりない態度であり、鼻血大明神の逆鱗に触れることになる。決して鼻血を軽視してはならない。深くお辞儀をしながら「お忙しい中ようこそいらっしゃいました、鼻血様」と厳かな態度で向き合い、鼻血大明神に丁重な祈りを捧げるべきである。

 

私が鼻血を恐れるのは、エジプトで鼻血地獄を味わった為である。決して鼻血を軽視するなという戒めを込めてこの記事を執筆することにした。

 

発端

憧れのエジプト旅行が実現した私は、鼻の奥から湧き上がる喜びを抑えきれなかった。乾燥した空気と、堂々とそびえたつピラミッドが私の血を沸かせた。特に、ピラミッドを3つ同時に見れるこの場所では「同時に3つも見ていいのか?!」とお得感に打ちひしがれた。

f:id:sabanokizushi:20190331133723j:plain

こんな素敵な場所に来れば、ウキウキしてしまうものだ。私は存分にウキウキすることにした。

 

フォ~~~~~~~~~~~~!!!

f:id:sabanokizushi:20190331133748j:plain

 

イェェェエ~~~~~~~~~~~イ!

f:id:sabanokizushi:20190331133921j:plain

 

ヤッホ~~~~~~~~~~~~~~イ!

f:id:sabanokizushi:20190331133939j:plain

 

今から思い起こせば、神聖なピラミッドの前で全力のウキウキを披露したのが間違いであった。鉄の匂いと、氷のような感触に包まれ、私の顔は真紅の液体で染まっていた。鼻血だ。

 

この時鼻血を丁重にお迎えしていれば事態は悪化しなかっただろうが、私は鼻血を軽視していた。適当に詰め物をしていれば、そのうち固まるだろう、と。

 

鼻に詰め物をした私は、更に溢れるウキウキを爆発させた。

 

うぉおおおおおおおおおおおおおおおお

f:id:sabanokizushi:20190331134254j:plain

 

鼻血なんて知るか~~~~~~~~~~~

f:id:sabanokizushi:20190331141332j:plain

 

この行為が鼻血大明神の逆鱗に触れたのは言うまでもない。私の鼻血は止まる気配がなく、力強く鼻の奥深くから流れ出し、幾多のティッシュを真紅に染め上げた。

 

止まらない鼻血

太陽の船」の展示にたどり着いた時、私の鼻血は頂点に達した。何度ティッシュを詰めても、溢れる鼻血が止まらないのだ。展示に目もくれず、トイレに駆け込んだ私は洗面台に鼻血を垂れ流した。

 

エジプトのトイレ事情を説明しておこう。エジプトの観光地でトイレに行くと、基本的にチップが必要である。チップを回収するためにトイレの前には「番人」が常駐しており、チップなしでトイレを使おうとすると引っ張られる。

 

郷に入れば郷に従えというので、快くチップを払うつもりであったが、鼻血が酷すぎてそれどころではない。番人のおばちゃんも血まみれの私を見て察したのか、何も言わず通してくれた。ひたすら血を流していると、彼女はエジプト流止血法を伝授してくれた。「上を向いて、鼻の付け根を手で押させなさい。」どうやら止血法は世界共通のようだ。

 

おばちゃんに従い上を向いていた私だが、血が口の中に溢れてくる。洗面台に血を吐き、血まみれの手を洗う。そんなことを繰り返すうちに、おばちゃんが次の手を打った。

 

「救急車呼んだわ」

 

冗談ではない。鼻血で救急車を呼ばれるなんて、前代未聞だ。海外での治療はお金もかかるので、こんな事態は避けたかった。しかし、もう為す術もないので、諦めて鼻を押さえた。

 

しばらくすると、肩に蛇のマークが入った救急隊員がやってきた。もっと緊急の人もいるだろうに、迷惑をかけている申し訳無さで一杯だった。事情を話すと、隊員は「えっ… 鼻血?」みたいな顔をしながら止血法を伝授してくれた。「上を向いて、鼻の付け根を手で押させなさい。」そう告げると彼は去っていった。

 

その後も鼻血はドクドクと流れ続け、私の顔には肥沃な三日月地帯が形成された。河の周りでは農耕が発達し、運河が完成した。人々の生活は潤い、恵みをもたらした鼻血大明神に祈りを捧げ、ピラミッドを建築した。鼻血万歳!

f:id:sabanokizushi:20190331133811j:plain



街の中でも鼻血

一刻も早くホテルに帰りたかったが、団体ツアーで参加していたため、やむを得ずバスでメンフィスへ移動した。バスの中で休憩したかったが、運転手がどこかに行ってしまった。仕方なく、トイレで顔を洗うことにした。

 

このトイレにも番人がいたが、私が鼻を抑えていると心配しながら中に入れてくれた。彼は丁寧にも、鼻の詰め物の折り方を伝授してくれた。折り紙のように複雑な手順で、これがエジプト流の折り方か… と感心した。正直よく分からなかったので、適当に丸めて鼻に詰めた。

 

バスの前にある椅子に腰掛け、鼻を抑えていると見知らぬエジプト人がいきなりバナナを差し出してきた。

 

「大丈夫?これ、サービス!」

f:id:sabanokizushi:20190331133711j:plain

 

意味がわからない。どう考えてもバナナを食べている場合ではない。鼻血が出ているときにバナナを勧められたことは人生初である。しかも、ご丁寧にバナナを剥いて渡されたため、もう食べるしか無い。彼はどういう気持でバナナを勧めたのだろう。私が知らなかっただけで、鼻血にバナナが効くのだろうか?バナナの皮を鼻に詰めればよかったのだろうか?謎は深まるばかりだ。

 

帰国後も鼻血

血まみれの旅行となってしまったが、帰国後も2周間程鼻血が続いた。なぜこれほどまでに鼻血が出たのか。一説によると、「ピラミッドの呪い」と「鼻血大明神の怒り」が融合して鼻に大災害をもたらしたと言われている。皆さんは、くれぐれも鼻血を軽視しないで頂きたい。

 

エジプトで鼻血を出すと、下記のような処置を施される。エジプトに行くときは参考にして欲しい。

f:id:sabanokizushi:20190331145900p:plain

 

 

twitterはじめました(2回目)

海外旅行中のSIMでtwitterアカウントを作ったら、アカウントのロック解除ができなくなってしまいました…
皆さんは国内の番号で作りましょう(反省)

 

という訳で、こちらのアカウント(@27blog)をよろしくおねがいします。

記事の紹介などを投稿する予定ですので、気に入ったものがあればシェアして頂けると嬉しいです。

 

Twitter始めました

こちらのアカウントはロックされてしまったので、新アカウント(@27blog)のフォローよろしくおねがいします。

宣伝用のTwitterアカウントを作りました! 気に入ればシェアして頂けると嬉しいです

チュートリアルおじさんと私

私は確信した。この世界には初心者用チュートリアルを担当するおじさんが居ると。

チュートリアルおじさんは、ただ親切なおじさんではない。妙に説明的で、何の脈絡もなく初歩的なアドバイスを提供してくれるおじさんだ。

あれはポーランドバーガーキングでレジに並んでいた時のことであった。背の高いおじさんが突然振り返り、スマホを見せながら私に囁いた。

「知ってるか?バーガーキングのアプリを使えば安くなるんだ」

唐突にアドバイスされた私は、困惑のあまりアプリをインストールする暇もなく会計を済ませてしまった。おじさんは、そんな私を気にかける様子もなく、ただ静かにバーガーを持って去った。一体何故このタイミングで割引の事を教えてくれたのか?安くないバーガーを齧りながら、私はおじさんの背中を思い描いた。

同国の市バスに乗った時、年配のおじさんと目があった。

「今日は特別な日だからバスの券は要らないんだ」

そのころ別行動していた友人がバスに乗った時、おじさんに話しかけられたという。

「今日は特別な日だからバスは無料なんだ」

何という事だ。このメッセージを告げるおじさんが意図的に配置されていたとしか考えられない。

また友人によると、博物館で展示を見ている時いきなり「歴史を学びたいなら本を読んだ方がいいぞ」と伝えるおじさんに遭遇したそうだ。この辺りから、街でおじさんを見るたびにチュートリアルが飛び出すのでは?という気持ちが膨らんできた。

しかし、チュートリアルおじさんは初心者の前にだけ現れる。街に慣れてきた私の前に、彼らの姿が現れる事はなかった。

チュートリアルおじさんは、初めての街に出没する。初めてギリシャの地下鉄に乗った時、路線図を見ながら何気なく目的の駅を口走ると、若いおじさんが嬉々として私に話しかけてきた。

「その駅は2つ目の駅でレッドラインに乗り換えるんだ。電車を降りたら右だぞ」

また初心者に戻れた。初めて見るおじさんなのに、どこか懐かしかった。

オーストラリアに行った時は、チュートリアルお姉さんに遭遇した。

バスの中、現地のSIMカードスマホに挿していると、居合わせたお姉さんがドコモショップ並みの丁寧さでセットアップ方法を指南し、にこやかに去って行った。

彼らは一体何者なのか。本当に存在したのだろうか。今となっては知る由も無いが、今日も世界のどこかでおじさん達はチュートリアルを繰り広げている。

デルフォイで神託を受ける

神託を受けたい

 人生、アドバイスを貰いたい時が多い。先生や友人に貰うアドバイスも貴重だが、初詣で引いたおみくじに書いてあるアドバイスは特に重要な気がしないだろうか?

 

昔の偉い人もアドバイスを貰いたい時が沢山あった。例えば戦をする時、攻めて良いのか不安だったりする。そういう時に神のお告げを受けることで、安心して戦に臨めるというわけだ。神からのお告げを神託といい、国レベルの大切な決断から個人的な引っ越しの相談まで幅広く対応する神託界の大御所が、ギリシャにあるデルフォイだ。

 

私も、デルフォイで神託を受けたい!

 

今回の記事では、私が神託を受ける過程と、美しいギリシア世界をご紹介しようと思う。 

アテネで大興奮

 デルフォイに行く前に、まずはアテネを観光することにした。他の神殿で肩慣らしをしようという魂胆である。

f:id:sabanokizushi:20190217160757j:plain

これは、ギリシャで一番有名だと思うパルテノン神殿だ。アクロポリスの丘という小高い場所にあり、街を一望できる。

f:id:sabanokizushi:20190217162702j:plain

f:id:sabanokizushi:20190218154603j:plain

f:id:sabanokizushi:20190218154807j:plain

 高校の時世界史で習ったのだが、古代ギリシアの都市には「アゴラ」と呼ばれる広場が存在し、人々の交流の場となっていた。当時このアゴラという言葉が妙に頭に残り、私の頭の容量が圧迫され、センター試験で大変苦しい思いをした。そんなアゴラであるが、一体全体どれほどの広さなのか検討も付かず、積年の疑問であった。今回の旅行では、そんな生アゴラに足を運ぶ事ができ、感慨無量である。

f:id:sabanokizushi:20190217210355j:plain

これがアゴラだ。思ったより広い。建物は殆ど原型をとどめていないが、当時は賑わっていたのだろうと想いを馳せて散歩した。

アゴラ内の博物館では、面白い展示を閲覧できた。

f:id:sabanokizushi:20190217210819j:plain

これはオストラコン。追放したい人の名前を刻んで投票するのに使われた。自分の名前が書かれている陶片が何世紀も展示されると思うと可哀想である。

f:id:sabanokizushi:20190217214015j:plain

この謎マシンが一番ワクワクした。異様な風貌をしたこのマシンは、古代の抽選機だ。身分証を横長の穴に挿しておき、左の丸い部分から玉を順に出していく。各行ごとに玉を出し、当たりが出た行の人物が陪審員に指定されるという仕組みだ。抽選する人も、ビンゴ大会気分でウキウキだっただろう。

 

こんな昔から数十連ガチャが存在していることに感銘を受け、また同時に「こんな大層な物を作らなくても、紙のクジを引けば良いのでは?」と思った。

 

ちなみに、アクロポリスアゴラ周辺は店が立ち並び、非常に賑やかである。現代のアゴラもしっかりと経済の中心になっている。

f:id:sabanokizushi:20190218155634j:plain

 さて、私がアゴラに来たら絶対にやろうと思っていたことを披露する時間がきたようだ。それではご覧いただこう。

 

f:id:sabanokizushi:20190217215657j:plain

 アゴラで、アグラ

 

 

 

 突然の寒いダジャレにショックを受けた読者の為に、秘蔵の猫コレクションを用意したので落ち着いて欲しい。

f:id:sabanokizushi:20190217220104j:plain

f:id:sabanokizushi:20190217220129j:plain

f:id:sabanokizushi:20190217220333j:plain

いざ神託を受ける

 いよいよ本題の神託を受ける時が来た。私の調査によると、次の手順で神託を受けることが出来る。今後神託を受ける人は参考にして欲しい。

  1. 生贄を捧げる
  2. 巫女が地割れから吹き出すガスを浴びる
  3. トランス状態の巫女から言葉を受け取る

 

なんということだ。全ての手順があまりにも難しすぎる。生贄も巫女もガスも用意することができない。このままでは神託を受けることができないではないか!私は憤怒した。

 

ホテルで慎重な検討を重ねた結果、下記の代替案で神託を受けることにした。

  1. 生贄を捧げると警備員に怒られる可能性が高いので、入場料を収める
  2. 巫女の代わりにガイドのおばさんを雇う
  3. 神殿で祈り、その晩に見た夢を神託とする

夢は古来より重要な意味を持つと考えられているため、我ながら妥当な手段だと思う。

 

 デルフォイアテネから車で数時間の場所にあり、パルナッソス山に囲まれている。いざ到着すると、あまりの神々しさに言葉を失った。

f:id:sabanokizushi:20190217224146j:plain

雲の間から光が差し、後ろには雄大な山が広がっている。こんな場所ならオリンポスの神々も快適に暮らせる。

f:id:sabanokizushi:20190218155517j:plain

f:id:sabanokizushi:20190217224200j:plain

神託を受けるにあたり、何を質問するか非常に悩ましかった。ギリシャの神々に質問するに足るような質問にするべきだ。散々悩んだ挙げ句、「私はどう生きればいいか」と聞くことにした。

f:id:sabanokizushi:20190217224210j:plain

そしてアポロン神殿に祈りを捧げた。生贄も巫女も用意出来なかったことを詫び、夢でアドバイスを頂けるよう切実にお願いした。

 

 デルポイからホテルに帰った私は、緊張の面持ちでベッドに転がった。静かに目を閉じ、今日の出来事をぼんやりと回想しながら眠りについた。

f:id:sabanokizushi:20190218160040j:plain

その晩、4つの奇妙な夢を見た。朝に書いた手記を使って私の夢を順番に紹介し、アポロン神からのメッセージを読み解こうと思う。

 

高校で受験後に社会を受けたが、難しすぎてやめたくなった。しかし、それでも続けてみたらいいかも(原文ママ

  本記事の最初の方でも書いたように、私は世界史があまり得意ではなく、受験においては劣等感を覚えていた。無意識に抑圧されていた気持ちが、この旅行をきっかけに呼び起こされ、当時の苦い思い出が夢に出たのだろう。しかし、後半では「それでも続けてみたらいい」と前向きな気持ちを示している。正直受験勉強を続けたいと思ったことは無く、そのような夢を見ることは意外であった。きっとこの部分が教訓であり、「困難に立ち向かうことが大切である」と説いているのだろう。

 

 ツイッターが凍結された

 朝起きた時はあまりのしょうもなさに愕然としたが、冷静に読み解いてゆきたい。私がツイッターを使う時、自分を披露したい自己顕示欲と、他のユーザーからの「いいね」を欲する承認欲求に支配されている。フロイトによると全ての夢は願望充実のために見るとされており、この場合も私の欲が現れたのだろう。そんなツイッターのアカウントが凍結された夢を観た時、破滅に近い感情を味わった。すなわち、「強欲は破滅へ繋がる」と説いているのだろう。

 

入社式に遅れた

 これから社会人になるという時期にこんな夢を見て、その不吉さに戦慄した。そのまま受け取ると「遅刻に注意せよ」であるが、自分にとって入社式とはモラトリアム終了の象徴であり、大きな不安を抱いている。そのようなストレスに対処し、遅くてもいいので社会に出ろ、つまり「気持ちの切り替えを焦るな」というメッセージかもしれない。

 

言うことを聞かない蛇に激怒し、口論した。その蛇は干上がった。

 これが一番意味深長で、一見すると意味不明であるが、後味の悪い夢であった。夢に登場する蛇は、古来より神の使いや縁起の良いもの、権力の象徴、卑猥なものの象徴など様々な解釈がなされている。蛇との戦いといえば、ギリシャ神話でヘラクレスが蛇の怪物ヒュドラ(Hydra)と対決した話が有名である。ヒュドラは沢山の頭を持つ蛇で、頭を切っても再生してしまう。そのためヘラクレスは断面を焼くなどして倒した。私は、夢に出てきた蛇はこのヒュドラではないかと考える。上で猫の写真を載せたが、その写真を撮った場所はイドラ(Hydra)島であった。よく見ると後ろの垂れ幕にもHydraと書いてある。

f:id:sabanokizushi:20190217220333j:plain

更に、蛇が干上がるという内容も蛇がヒュドラであることの妥当性を示している。「乾燥」を表す英語は "dehydrate"であり、"hydra"を含んでいる。このような連想が夢にヒュドラを生み出したのだろう。

 

さて、ヘラクレスの戦いと私の夢で異なる点は、倒し方である。私は一切物理的な攻撃を加えず、言葉のみで戦った。今までの数年間を振り返ると、言葉によって大きく傷つき、また人を傷つけてしまったことが想起される。ヒュドラには言葉という武器で勝利したが、なんとも後味の悪い気持ちになった。したがって、私がこの夢から得た教訓は「言葉の重みを知れ」である。

 

総括

Q. 「私はどう生きればいいか?」

A.

  • 困難に立ち向かうことが大切である
  • 強欲は破滅へ繋がる
  • 気持ちの切り替えを焦るな
  • 言葉の重みを知れ

 

 これが本当に神託なのかは神のみぞ知る事であるが、ミステリアスな旅を楽しむことができた。みなさんも、重要な決断をするときにはデルフォイに赴くことを検討して頂ければ幸いである。

f:id:sabanokizushi:20190218160611j:plain

ギリシャ料理「ムサカ」はジャンキーで美味しかったが、量が多すぎた。

 

空港でTOEFLみたいな会話をする

前回の記事で、「次回はギリシャ編」と書いたが、トランジットが暇すぎるので別の記事を書くことにした。

エジプト航空

飛行機の扉が開くと、足元に細かい砂が雪崩の如く流れてきた。薄暗い通路の奥からは不気味な風が吹いてくる。私は松明を片手にゆっくりと1歩ずつ足を進めた。刹那、カチリと不吉な音と同時が響き渡った。危険を察した私は咄嗟に這い蹲り、頭上を毒矢がかすめた。そのまま這うように進んでいくと、座席には溢れんばかりの金貨や腕輪、そして目を奪うほど美しい宝石が散りばめられていた。思わず笑みをこぼし、宝石を手に取ると、背筋を嫌な冷気が伝った。振り返ると、そこには呪われしミイラが────

以上が、私がエジプト航空で予想していた内容である。それでは実際の写真をご覧いただこう。

流砂も罠もミイラも居ない、いたって普通の航空機だ。機内エンターテインメントも装備している。

いや、「世界の映画」以外はコメディーなのかよ。どんな世界観だ。

そして、世界の映画のサブカテゴリはこちらだ。

いや、また「コメディー」あるのかよ。コメディー好きすぎるだろ。コメディー映画を見てほしいエジプト航空の気持ちを無視して、私はミッションインポッシブルを観た。

その祟りか、飛行機は乱気流でガタガタと揺れまくり、システムも再起動してしまった。メモリーが493MBしかない。

機内で配られるアメニティは結構充実しており、アイマスクや歯ブラシ、ボールペンなど一通り揃っていて嬉しかった。入れ物も、筆箱として使えそうである。

機内食は平均的な味だが、和風テイストだった。日本発の便だからだろう。

カイロ空港

トランジットの為、カイロ空港へ着いた。次の便まで5時間程暇を潰さなければならない。まあネットサーフィンでもするか、と思ったのだが…

Wifiが有料!!一応最初の30分だけ無料で使えるが、それもSMSで認証する必要があるので、実質使えない。認証なしで爆速インターネットが使える仁川国際空港の爪の垢を煎じて飲んで欲しい。時間を無駄に使うのは得意なので、椅子で本でも読んでいた。

暫くすると中国人のツアー団体がやってきて、リーダーが私の隣に腰かけた。広東省出身28歳の彼と40分位は話しただろうか。最初は世界の国々について話していたのだが、最後の方は日本の独身率の高さや老後の人生設計について語り合う羽目になった。こんな英会話をするのはTOEFL位である。因みに彼のお気に入りの国は日本で、治安の良さと食べ物が気に入ったそうだ。ワーストは南アフリカで、ヨーロッパ諸国も治安悪いから嫌いらしい。私がこれから訪れるギリシャも、「歴史興味無かったら見所なくて面白くないよ」と一蹴されてしまった。ツアーガイドなのに本音を言いすぎだろう。

再见

カイロからアテネへの飛行機でマップを表示すると、メッカの方向がわかるコンパスが表示されて面白かった。

さて、飛行機の窓から地中海の島々が見えてきた。次回こそギリシャ編をお届けするので乞うご期待。

欲望のピラミッド

動機

ピラミッドを見たい。 マズローによると人間の欲望は以下のような構成になっている。

この図の形が示唆しているように、人間は最終的にピラミッドを求めるようになるのだ。

従って、私がピラミッドを見たくなったのは人間の生理的現象と言えるだろう。

計画

エジプトまでのフライトを調べるうちに、驚愕の事実が判明した。なんと、ツアーで行った方がホテル込みで安上がりなのだ。更に調べると、エジプトのみならずギリシャも見学できるツアーがあるではないか。

ピラミッドでは飽き足らず、地中海も優雅に見物してしまうというのか。

ツアーの魅力に手が震え、気がつけば参加していた。

チェックイン

成田空港に着き、チェックインカウンターの長蛇の列に驚いた。大名行列か?

ツアーに参加するというのは、集団行動を強いられるという事だ。こんな事も想定し、私は愛用しているkindleギリシャ神話の本を入れてきたのだ。

ギリシャの神々

ギリシャ神話は愛と憎悪に満ちている。特にゼウスは前述したピラミッドの最下層を満たすため、数々の女神と関係を持つ。奥さんのヘラがそれに嫉妬し、色んな神や人間がとばっちりを受ける。書ききれない程色々あるのだが、あんまりこのブログで悪く書いてしまうと神の怒りを買い、矢を受けて死んでしまうのでやめておこう。日本の神々は崇高で人間離れした感じがするが、ギリシャの神々は人間に近い感情も持っているのだ。

出発

最近の空港は顔認証システムが導入されているので、出入国がめちゃくちゃ早い。日本とは思えないほど珍しく有能なシステムである。

こんな機械が設置されていて、パスポートにハンコを押してもらう必要もないのだ。パスポートにハンコを押す係の人の、次の仕事は何だろうか…

departure

空港のセキュリティゲートを通った後の賑わいは毎回テンションが上がる。

このサイバーパンク秋葉原がお気に入りだ。売り物も特にアキバっぽく無いのが良い。

さあ、いよいよ旅の始まりだ。今回はどんな驚きが待っているのか。次回はギリシャ編、乞うご期待